Q.住宅ローン特約とは何ですか?

そろそろ賃貸生活からは脱却したい、ということで、妻ともども、住宅ローンについて、いろいろと勉強中です。

その中で、ひとつ、よく分からない点があるので、質問します。

住宅ローンに関連して、住宅ローン特約なるものがあるようなのですが、これがどうも、よく、分かりません。

住宅ローン特約とはどのようなものなのか、また、何がどうなったらお得といえるのかなどについて、教えていただけないでしょうか。

A.住宅ローン特約とは、住宅ローンが借りられなかった場合に関する特約です。

まず、最初にお伝えしたいのは、住宅ローンの特約とは、住宅ローンの契約書に関係するものではなく、不動産売買の契約書に関係するものだということです。

名前からして住宅ローン特約などと呼ばれていますから、まぎらわしいのですが、あくまで不動産の売買に関係する特約だということを、まずはご理解ください。

では、なぜ住宅ローン特約という名前がついているのかということですが、それは、この特約が、<不動産売買の契約はしたけれど、実際には住宅ローンの借り入れができなかった場合>に関するものだからです。

具体的にどのようなものなのかについては、以下に順を追ってご説明します。

そもそも住宅ローンを組む時はどのような順序になるかといいますと、まず不動産の売買に関する契約をして、次に住宅ローンの借り入れに関する申込を行なうわけです。

この申し込みが通れば、晴れて住宅ローンが組めることになり、念願の我が家への第一歩が踏み出せることになります。

しかし、ご存じの通り、住宅ローンを組むにあたっては、審査が存在します。何らかの理由によって審査を通過できなかった場合には、その住宅ローンの借り入れはできません。

すでに不動産の売買契約は済ませているわけですから、このままですと、住宅ローンを組まずに支払いをしなくてはならないことになってしまいます。

これは、かなり厳しい状況です(手付金分をあきらめて売買契約を解除、という形をとるケースもあります。この場合、住宅ローン全額分の支払いはしなくて済みますが、手付金は戻ってきませんので、これもかなり残念な結果となります)。

そういった状況を避けるために存在しているのが、住宅ローン特約です。

住宅ローン特約は、融資利用の特約などとも呼ばれていますが、要は、<審査に落ちるなどして、利用する予定だった住宅ローンを利用できなくなった場合には、その不動産売買の契約を白紙に戻して、解除することができる>、というものです。これによって、最悪の事態を回避することが可能になります。

ちなみに、白紙解除の中には手付金も含まれますから、手付金も戻ってくるということで、無駄になったのは時間や交通費等のみ、ということになり、最小限のマイナスで済むことになります。

住宅ローン特約とは、このように非常に重要なものです。普通は不動産売買の契約書に記載されているのですが、念のため、確認しておかれた方がよいかもしれません。

1番賢い!住宅ローンQ&A

住宅ローンを扱っている銀行一覧

opyright(c) 2013 住宅ローン金利の知恵|減税効果と金利動向の2014年度 研究&比較 All Rights Reserved.