日本最大のメガバンクならではの利便性三菱東京UFJ銀行

各種金利コースの充実した三菱東京UFJの住宅ローン

三菱東京UFJ銀行では金利コースによって複数の住宅ローンを取り扱っています。

各金利コースはそれぞれの特徴を持っており、様々なニーズに合わせて選ぶことができるというのが最大の特徴です。

金利コースによって特色やメリットも異なるので、各金利コースをについて個別に紹介します。

ぐんとうれしい住宅ローン(当初固定金利タイプ)

ぐんとうれしい住宅ローンは当初固定期間を5年と10年を選択できる当初固定金利タイプの住宅ローンです。

当初期間内は借り入れ時の店頭金利よりも年2.20%の優遇金利、更に当初固定期間終了後から完済までは1.40%の優遇金利で利用することができます。

ぐんとうれしい住宅ローンはローン開始当初に負担を減らして生活を安定させたいという場合に有効な住宅ローンです。

ずーっとうれしい金利コース

金利選択タイプ

様々な金利タイプから金利を選択できる住宅ローンです。選ぶことのできる金利タイプは変動タイプ固定特約タイプ(1~20年)です。

特徴は変動金利借り入れ期間中では申し込みを行なうことで、固定特約タイプに変更することができます。固定特約タイプも特約期間が終了すれば再度金利タイプを選ぶことができます。

金利を選択できるということから、金利の変動や固定によるリスクを最小限に抑えることができます。ずーとうれしい金利コースは金利変化の激しい市場において大きなメリットある住宅ローンといえるでしょう。

超長期固定金利タイプ

契約時に金利を固定し返済完了まで金利を固定するという超長期固定金利タイプの住宅ローンです。

将来し払う金利を契約時に決定できるので、将来の金利に対しての不安を持つことなく住宅ローンの返済を行なえます。

21年以上35年以内であれば利用することができます。他のローンに比べてやや金利の高いイメージがありますが、借り入れ時から完済まで金利が適応されるので金利動向などに左右されず計画的にローン返済を行ないたいという人にオススメの金利プランです。

フラット35〔保障型〕(長期金利固定タイプ)

フラット35は民間金融機関と住宅金融支援機構(独立行政法人)の提携によって提供されている長期固定金利住宅ローン。

フラット35の“35”という数字は完済までの最長35年は金利が固定されることに由来します。長期金利固定なので返済の計画が立てやすいという特徴を持っています。

フラット35を利用するのは“住宅性能に関する物件検査”が必要です。

これは住宅金融機構の定める技術基準に適合しているかを示す必要があるためであり、フラット35を利用するためには検査に適合した場合に発行される“適合証明書”が必要になります。

他のローンとは手続きが少々異なるので、フラット35を検討している場合には詳しい情報を調べましょう。

住宅ミックス・ローン借入

住宅ミックス・ローン借入は三菱東京UFJの取り扱っている各種金利コースの金利を自由に組み合わせることのできる金利コース

各金利コースを組み合わせることでリスクを軽減金利負担の軽減など自分に合った住宅ローンを組み上げることができます。

ミックス・ローンは組み合わせる金利コース両方の特徴を理解する必要がありますが、他には無い自分だけのオリジナルの返済スタイルを持った住宅ローンが作成可能です。

7大疾病保障「ビック&セブン」

保障に関しても7大疾病保障付住宅ローン「ビック&セブン」に加入することができます。保険料は“毎月のローン返済額”を支払います。

保障の内容は7大疾病によっていかなる業務にも従事できない場合に住宅ローン残高が0円になるというものです。

更にガン、脳卒中、急性心筋梗塞に対しては3大疾病一時特約を付帯可能で、3大疾病と診断された場合には一時金100万円の保障を受けることができます。

ビック&セブンは「ぐんとうれしい住宅ローン」、「ずーっとうれしい金利コース」、「すーっと固定金利コース」「フラット35〔保障型〕住宅ローン」それぞれの住宅ローンで加入することができます。

仮審査はこちら

1番賢い!住宅ローンQ&A

住宅ローンを扱っている銀行一覧

opyright(c) 2013 住宅ローン金利の知恵|減税効果と金利動向の2014年度 研究&比較 All Rights Reserved.